お子様のお口の健康を守るのは親御さんです

乳歯はどうせ生え替わるから、むし歯になっても大丈夫だと思っていらっしゃいませんか? それは大変な間違いです。乳歯の時期にむし歯になりやすいお口の環境にしてしまうと、永久歯に生え替わってもその悪い環境が続きやすいのです。

小さいうちからお子様のお口の健康を守ることは、親御さんの重要な役割です。毎日の歯みがきチェックや定期検診などを習慣にして、小さなお口の健康を守ってあげましょう。

お子様のむし歯は、周囲の大人が原因!?

生まれたての赤ちゃんのお口にはむし歯菌は棲みついておらず、実はご家族をはじめとする周囲の大人であることが多いのをご存知ですか? 赤ちゃんに口移しで食べさせることや、親御さんのお箸やスプーンで食べ物を与えることで、大人のむし歯菌をうつしてしまっているのです。

赤ちゃんへの接し方に注意するのと同時に、赤ちゃんが生まれる前から大人が健康なお口を保つように心がけることが大切です。

むし歯から守る!キッズメニュー

シーラント

子供の奥歯には、むし歯になりやすい細い溝があります。あらかじめこの溝を埋めることで、むし歯を予防する処置がシーラントです。特に生えて間もない奥歯の永久歯(六歳臼歯)に効果的です。

歯みがき指導

お子様のお口を健康に保つためには、歯みがきが重要です。当院では、お口の状況に合った適切な歯みがき方法を指導しています。毎日、正しいブラッシングをしっかりと行うことでお口の健康を守りましょう。また、親御さんには仕上げみがきの方法もお教えしています。

フッ素塗布

むし歯菌に負けないよう、歯質を強化するはたらきのあるフッ素を歯の表面に塗布して、むし歯を予防します。定期的な施術が効果的です。

年代別!お口のケア方法を知っておきましょう

子供のお口のケアは、年代ごとに異なります。親御さんが正しい知識を持って、常に気を付けてあげることが大切です。

胎児期

乳歯は妊娠7週目からつくられますので、お母様の食生活がご自身の栄養としてだけでなく、乳歯にとっても大切な栄養源となります。赤ちゃんのお口の健康のために、バランスのとれた食生活を心がけましょう。

妊娠中の歯周病に要注意!

ホルモンのバランスが変化する妊娠期は、むし歯や歯周病にもかかりやすくなっています。特に歯周病は、早産や未熟児出産のリスクを高めるといわれています。たとえ自覚症状がなかったとしても、安定期に入ったら定期的な検診を受けることをおすすめします。

生後7~8か月 小さな前歯が生えてきます。前歯に付いた汚れは布やガーゼなどでやさしく拭き取ってあげてください。
生後1年を過ぎた頃 歯ブラシを使ったケアを始めましょう。膝の上にお子様の頭を乗せて寝かせ、やさしいかつ楽しいケアを習慣付けてあげてください。
3歳 そろそろお子様自身で歯をみがきを始めます。とはいえ、まだ自分だけでは上手にみがくことはできませんので、親御さんが仕上げみがきをしてあげてください。
5歳 毎食後(朝・昼・晩)の“1日3回みがき”の習慣を付けましょう。必ず仕上げみがきをし、みがき残しを防いであげてください。
6歳 丈夫で大きい「六歳臼歯」が生えてきます。この六歳臼歯には食べかすが溜まりやすい溝がありますので、念入りにみがくよう教えてあげてください。
学童期

乳歯が永久歯に生え替わってきます。生えたばかりの永久歯はむし歯になりやすいため、普段の歯みがきに加えて親御さんによる仕上げみがきや定期検診での予防処置が重要です。

乳歯のみがき方アドバイス

  • 乳歯は横みがきでブラッシングしましょう。ブラシを歯に対して平行に当て、少しだけ力を入れて、横方向に小刻みに動かします。
  • 大きく動かすと歯垢が取れにくくなり、歯ぐきを傷付けてしまうこともありますので、注意しましょう。
  • 食べかすや汚れが付きやすい歯と歯ぐきの境目や奥歯は、念入りに歯みがきを行いましょう。
  • ☆小さめの歯ブラシで、いたわりながら歯みがきしましょう。
  • ☆歯みがき粉は吐き気をもよおさせることもありますので、使わないことをおすすめします。

歯並びが気になるときは、早めにご相談ください!

お子様の歯並びに、気になるところはありませんか? 乱れた歯並びを放っておくと、さまざまな悪影響を引き起こすため、なるべく早めに整える必要があります。お子様が適切な時期に矯正治療を始めることで、顔つきのバランスや顎の形も整えることができます。

小児矯正のメリット

大人になってからでも矯正はできますが、子供のうちから始めると数々のメリットがあります。

  1. 1.抜歯のリスクが減る早期治療を始めることで、永久歯を抜かずに本格矯正(ワイヤーによる矯正)ができる可能性が高くなります。
  2. 2.治療がスムーズ顎の成長を利用できるので、スムーズに顎の形やバランスを整えることができます。
  3. 3.矯正期間が短縮できる早期に矯正治療を始めることで、正しい位置に永久歯が生えるよう導けるため、本格矯正が簡単で、期間が短くなる、もしくは不要になる場合もあります。

先生からのメッセージ

お子様のお口の健康を守るためには、お子様が誕生する前から始まっています。お母様はもちろん、ご家族自身がお口の健康をあらかじめ守っておくことが大切なポイントです。また、生まれたあとも、小さいうちから歯科医院に通う習慣を身に付け、正しい成長を促してあげましょう。

神奈川県横須賀|診療予約|久里浜さくら歯科医院

PAGETOP