歯やお口の健康について、久里浜さくら歯科医院がお答えします

「なぜ?」「どうしたらいいの?」歯やお口の健康について、疑問にお答えします。また、詳しいご説明をお望みの方、これ以外のご質問をお持ちの方は、どうぞお気軽にお問い合わせのうえ、ご来院ください。

「プラークコントロール」とは何のことですか?

プラークとは歯の表面に付く、むし歯菌などの温床です。これを除去することを「プラークコントロール」といい、行うことでむし歯や歯周病の予防になります。

プラークコントロールは、歯ブラシによるブラッシングやデンタルフロス(糸楊枝)によるフロッシングが代表的な方法です。日々の適切なプラークコントロールで、歯やお口の健康を守りましょう。

歯磨きをいやがる2歳の子供にはどうしたらよいでしょうか?
異物がお口の中に入ってくることをいやがるお子様は少なくありません。最初は歯ブラシを口に入れるだけなど、少しずつブラッシングに慣れさせていきましょう。また、姿勢としては膝の上に子供の頭を置いて寝かせ、上からのぞき込むようにして行い、微笑みと優しい言葉で子供をリラックスさせることがポイントです。お子様が眠くなる前に、毎日1分間以内くらい、習慣にしましょう。
子供は何歳くらいから診療が必要ですか?
お口の健康の土台づくりは、1~3歳がもっとも大切な時期です。むし歯から守るフッ素塗布などいろいろな方法があります。検診も兼ねて、ぜひ歯医者さんに相談してみましょう。なるべく早いうちから、かかりつけの歯医者さんを見つけておくとよいですね。なお、当院では0歳児から診療を行っております。
保険診療と自由診療の違いは何ですか?
保険診療は保険の適用内で治療を行うため、治療費が安くてすみますが、治療法や使える素材が限られています。一方、自由診療は治療費が高くなりますが、保険診療以上の性能と見た目の美しさを重視した治療を行うことができます。どの歯に、どのような治療を行うかは患者様ご自身でお選びいただけますので、お気軽にご相談ください。
歯医者さんは痛いという不安がありますが、大丈夫ですか?
残念ですが、歯の治療は「まったく痛くない」とは申しあげられません。それでも、少しでも痛くない治療を行うよう、日々努力しております。また、麻酔などの技術も発達してきていますし、優れた治療装置の導入などにより、患者様の負担を軽減できるようになってきています。安心して診療をお受けください。
歯医者さんには定期的に行ったほうがよいのですか?
歯やお口の健康維持は、予防がもっとも大切です。そのため、最低でも6か月に1回は歯医者さんに診てもらい、検診することをおすすめします。ご自分では気づかないうちに、歯やお口の中に疾患が発生している場合もあるのです。予防・早期発見・早期治療のためには、定期的に歯医者さんに行くことがとても重要な習慣なのです。
よい歯医者さんはどのように選んだらよいですか?
医師の技術や医院の設備が優れていることはいうまでもありません。けれどもっとも大切なことは、患者様のお話をじっくりお聞きするという診療スタイルです。お友だちやお知り合いのご紹介、口コミ、インターネット上の情報サイトなどを参考になさるとよいかもしれません。また、歯科医院に電話した際などの受付の対応にも、歯医者さんの姿勢が表れることが多いようです。お問い合わせの際には、留意してみましょう。
予約をしていない場合でも診てもらうことはできますか?
当院は基本的には予約制ですが、ご予約がない場合でも診療させていただいております。ただし待ち時間が長くなってしまうこともありますので、やはりご予約を入れていただいたほうがスムーズに診療を行えます。ただし、特に痛みや腫れ、出血などがあるような緊急時には、優先して対応いたしますのでお気軽にご相談ください。
歯周病は自分でわかるものですか?
歯周病は成人の約8割がかかっている、もしくはその予備軍といわれていますが、ご自分では気づかれていない方がほとんどです。歯周病は知らない間に進行してしまうためです。最悪の場合、大切な歯を失う場合もありますので、定期検診の受診を習慣付けましょう。なお、歯ぐきが赤く腫れている、出血がある、常に口臭がある、歯と歯の間にすき間ができたなどは、歯周病のサインの一部です。
むし歯ではないのに歯がしみることがあるのはなぜですか?
むし歯ではないのに、冷たい物を口に入れたときなどに歯に刺激や痛みを感じるのは、知覚過敏の可能性が高いと考えられます。これは歯肉が下がってセメント質が露出してしまい、刺激が神経に伝わり起こる症状です。露出したセメント質の知覚を鈍くするいくつかの治療法がありますので、お気軽にご相談ください。
タバコはお口の健康に影響がありますか?
タバコは、身体はもちろん、お口の健康にも影響があります。タバコに含まれるニコチンが末梢神経を収縮させ、酸素の供給量を減らすことから歯肉が栄養不足になり歯周病を招きやすくしてしまうのです。また、タバコは体内のビタミンCを大量に消費させますので、細菌を殺す白血球の機能を低下させ、歯肉の病気を悪化させるおそれもあります。

神奈川県横須賀|診療予約|久里浜さくら歯科医院

PAGETOP