顎の違和感や、噛み合わせでお悩みの方へ

「顎があけづらい」「口をあけると顎がカクカクと鳴る」このようなお悩みはありませんか? もしかしたら、顎関節症かもしれません。顎関節症はさまざまな症状を引き起こしますので、早めの治療が大切です。

顎関節症チェックリスト~こんな症状ありませんか?~

次のチェックリストで、顎関節症の危険度を確認しましょう。

  1. 1. 口を大きく開いてください。そこに、人差し指から薬指まで並べた3本指が縦に入りますか? (1.スムーズに入る 2.ほぼ問題なく入る 3.どちらともいえない 4.ほぼ困難 5.困難)
  2. 2. 口を大きくあけ閉めしたとき、顎に痛みはありますか? (1.まったくない 2.たまにある 3.どちらともいえない 4.しばしばある 5.いつもある)
  3. 3. 口を大きく開いたとき、まっすぐに開けますか? (1.いつもまっすぐ 2.たまに曲がる 3.どちらともいえない 4.しばしば曲がる 5.いつも曲がる)
  4. 4. 干し肉、するめ、たこなどの硬い物を食べると顎が痛みますか? (1.痛まない 2.たまに痛む 3.どちらともいえない 4.しばしば痛む 5.いつも痛む)

さて、結果はいかがでしたか? あてはまる項目の合計点数が8.6以上の方は、顎関節症の可能性があります。また、設問2で1以外を選択した方も顎関節症の可能性がありますので、お早めに当院にご相談ください。

噛み合わせのチェックを行います

上記の顎関節症の原因のひとつに、噛み合わせの乱れが考えられます。当院では、咬合紙を使用して、変な緩衝がないか噛み合わせのチェックを行っています。赤い色のついた紙をカチカチと噛んでいただくと、上下の歯が強く当たっている部分の色が濃くなる仕組みです。

悪い噛み合わせ招くその他の悪影響とは?
  • むし歯や歯周病になりやすくなる 噛み合わせが悪いと、食べ物が詰まりやすくなり、プラークが溜まりやすくなります。そのため、むし歯や歯周病にかかる可能性が高くなります。
  • 歯の寿命が短くなる 噛み合わせがよい場合は、その力をすべての歯で支えることができますが、噛み合わせが悪い場合は、特定の歯にその力がかかってしまい、歯の寿命を縮めてしまいます。
  • 発音が不明瞭になる 噛み合わせが悪いと、話すときに息がもれたり舌がもつれたりして発音が不明瞭になり、最悪の場合、コミュニケーションに支障をきたしてしまうことがあります。
  • 胃腸に負担がかかる 本来、胃腸での消化をしやすくするために、前歯には食べ物を小さく切り分ける、奥歯には食べ物をすりつぶすという役割があります。噛み合わせが悪いと、それぞれが十分にその役割を果たすことができず、胃腸に負担がかかってしまうことがあります。
  • 精神的な負担になる 噛み合わせが悪いと噛むことによる正常な顎の成長が促せないため、顔全体の印象に大きく影響します。さらにコンプレックスとなり、精神的な負担になってしまうことがあります。
  • 出っ歯による歯の外傷 上の前歯が出ていることで、転倒時に破折や脱臼といった外傷を受けやすいので注意が必要です。

治療法

スプリント療法

「スプリント」というマウスピースを就寝中に装着することにより、顎関節や筋肉の安静を保ちながら、噛み合わせを正常へと導く治療法です。

噛み合わせ調整

歯の形を補綴物で調整することで噛み合わせを整える方法です。詰め物・被せ物・差し歯などの人工物だけではなく、天然歯も調整の対象です。噛むときの力がきちんと分散するよう調整を行います。

先生からのメッセージ

顎関節症や噛み合わせの問題は、実はお口の問題だけにとどまりません。身体全体の問題として認識し、ぜひ些細なことでもご相談にいらしてください。

神奈川県横須賀|診療予約|久里浜さくら歯科医院

PAGETOP